ロトルアの間欠泉・温泉| ニュージーランドロトルア観光ガイド

ロトルアの温泉

ロトルアには至る所から温泉が湧き出ており、街全体が硫黄の香りに包まれます。

 

 

この街は、以前からヨーロッパ系移民や旅行者に湯治場として人気がありました。現在「ロトルア博物館」として知られるチューダータワーももともとは温泉治療施設で、電気と温泉を併用した治療や泥温泉入浴などが行われていました。

 

今もロトルアでは、「総合病院」や「QE病院」(以前のキーウィエリザベス病院)などで、腰痛、関節炎、リューマチなどの患者に温泉治療を行っています。

 

街中には約3箇所の大きな地熱地帯があり、各所で温泉の蒸気や温泉の源泉を見ることができます。また、同じエリアでも源泉によって泉質が異なり、アルカリ性/酸性/泥温泉とさまざま、泉質も色もがらっと異なります。

 


→クイラウ公園内の普通の温泉池と、ファカレワレワ村にある真っ青な温泉池

 

現在、一般温泉施設として最も有名なのは「ポリネシアンスパ」です。湖を一望しながら露天風呂入浴を楽しむことができる施設で、酸性・アルカリ性2種類のお風呂があります。

 

また少し郊外には泥温泉入浴を楽しめる「ヘルズゲート」、市内無料スポットとしては「クイラウ公園」にも複数の温泉足湯があります。

 

さらに郊外には「ワイティキバレー」、またマニア向けには、温泉が川となって流れる「ケロセンクリーク」なども隠れた人気スポット。車の方はこれらを訪れるのも面白いです。

 

 

これら温泉施設の詳細はこちらのカテゴリにどうぞ

ロトルアの間欠泉

ロトルアで見られる間欠泉では世界的でも有名で、市内中心部にある「ポフツ間歇泉」は世界有数の間歇泉として知られています。

 

ポフツ間欠泉

 

今日、ロトルアの間欠泉といえば、この「ポフツ間欠泉」のことを指します。一日に約20回吹き出し、平均20〜25mの高さまで上がります。この様に虹がかかる光景などもしばしば。

 

この間欠泉は市内中心部の観光地「テプイヤ」や「ファカレワレワ村」から見ることができます。

 

 

レディノックス間欠泉

ロトルアの間欠泉・温泉|ニュージーランドロトルア観光ガイド

 

もうひとつ有名なのがこの「レディノックス間欠泉」です

 

こちらは市内中心部から車で30分ほどの「ワイオタプ」という観光地にあり、高さ10〜15mほどまで吹き上がります。人工的に誘発して上げるため、毎日10時15分〜30分頃に行けば必ず見ることができます。

 

〜間欠泉とロトルア観光の歴史〜
ロトルアはNZで最初の観光地で、19世紀初頭より、ヨーロッパ、主にイギリスからの移民の人々がNZにやってくるようになり、1830年頃までには、宣教師や商人達が度々ロトルア地区を訪れるようになりました。

 

目当てはロトマハナ湖麓にあったピンクとホワイトテラスで、これが移民者たちの注目を集め、特に1870年以降には観光客の数も急増しました。

 

ピンクテラスはマオリ語で「オツカ・プア・ランギ=曇っている状態」という意味で、高さ26メートル、広さ2.2ヘクタールありました。ホワイトテラスはマオリ語で「テ・タラタ=いれずみ」を意味し、高さ30メートル、広さは3ヘクタールに及びました。弓状のような形をした階段状のテラスが見られ、その程よい温度になったおんせんが流れるくぼ地では、観光客の人々は水浴びなども良くしていました。

 

しかし1886年6月10日に直ぐ隣にあるタラウェラ山が大噴火をし、ピンクとホワイトテラスが破壊され、その周囲に住む住民の少なくとも153名が命を失いました。またピンクとホワイトテラスのあったロトマハナ湖(マオリ語で暖かい湖という意味)も水位が約40メートルも上がり、隣に有ったと言われるロトマカリリ湖(マオリ語で冷たい湖という意味)と一緒になって面積も約20倍になりました。破壊されたピンクとホワイトテラスは火山灰に埋もれ、現在では広くなったロトマハナ湖の底に眠っています。

 

その後1900年から1904年の4年間の間、この周辺の地域では高さ400メートルに吹き上がる大間歇泉「ワイマング」が見られました。ギネスブックにも載っている世界で最も大きな間歇泉でした。

 

ワイマング間欠泉は上がらなくなりましたが、現在この「ワイマング」はハイキングのできる地熱観光地になっています。


このページの先頭へ戻る