レイクフロント公園|ニュージーランドロトルア観光ガイド

レイクフロント公園

レイクフロント公園|ニュージーランドロトルア観光ガイド
レイクフロント公園はロトルア湖が一望できる湖畔沿いの公園です。正式名称は「ワー メモリ アルパーク (War Memorial Park) 戦争記念公園)です。

 

湖をみながらゆったり過ごしたり、湖の周りを散策したり、湖畔沿いのカフェで食事を取ることができます。また遊覧船や遊覧飛行機、ジェットボート、パラセーリングなどのアクティビティもあります。

 

ロトルア湖

ロトルア周辺には約12の湖があります。
そして、その中で最も大きい湖がロトルア湖です。

 

 

ロトルア湖の面積は2708km2で、NZの北島の中でも2番目に大きな湖です。NZにやってきたマオリが2番目に発見した湖がそのロトルア湖であったため、「ロト=湖」、「ルア=2番目」と名付けられました。

 

ロトルア湖は火山の噴火によってすり鉢状に火山口に水が貯まって出来たカルデラ湖。上空から見るとほぼ円形をしています。

 

一部エリアでは温泉が沸くため湖水が白く濁っています。

 

ロトルアの湖の周囲は約42kmで、毎年国際マラソン大会や駅伝、ウォーキングフェスティバルなどが行われております。

 

 

モコイア島

レイクフロント公園より直線で約6.2kmの湖畔上にモコイア島という島が浮かびます。

 

ここは「ヒネモアとツタネカイの恋物語」の舞台となったマオリの人々にとってのゆかりの地です。

 

現在は野鳥の保護区(8羽のキーウィバード、サドルバック、トゥイ、プケコ、NZロビン、コカコ、黒鳥、鵜、ブラックダックなど)となっています。

 

アクティビティ

 

遊覧船(レイクランドクイーン)、水上飛行機、ヘルコプター、ジェットボート、パラセーリングなどが行われています。

 

モコイア島でのエコトレッキングた体験できるモコイア島ツアーなども行われています。

 

マス釣りも有名で一年間を通して行うことができますが、ライセンスが必要なので観光案内所でツアーなどを予約するとよいでしょう。

 

 

湖畔で見かける鳥

湖畔では沢山の鳥を見ることができます。

 

レイクフロント公園|ニュージーランドロトルア観光ガイド

 

日本では珍しいブラックスワン(黒鳥)の姿も間近でみることができます。

 

 

その他ゆりかもめ、ブラックダック、ガチョウ、鵜(う)などの水鳥が集まります。

 

ゆりかもめ スカウプ ガチョウ  鵜(シャグ)

 

ガバメントガーデンとレイクフロント公園を繋ぐウォーキングコースもおすすめです。詳しくはこちらに →ロトルア湖周りのウォーキングトラック

レイクフロント公園 観光情報

 

観光時間目安

 

お好みの時間でどうぞ。
時間がある人はガバメントガーデンへとつながるレイク沿いウォーキングもおすすめ。

 

場所・行き方

 

ロトルア市内中心部。観光案内所から徒歩5分。

 


このページの先頭へ戻る