トンガリロ国立公園のハイキングコース|ニュージーランドロトルア観光ガイド

トンガリロ国立公園内のハイキングコース

トンガリロ国立公園内にはたくさんのハイキングコースがあります。

 

コースは国立公園敷地内のあちらことらに分散していますが、多くはファカカパビレッジ周辺から開始することができるためそのあたりを中心に紹介します。

 

 

トンガリロ・クロッシング(片道:約7〜8時間)

ハイキングコースで最も有名なのが片道7〜8時間の工程を歩く「トンガリロ・クロッシング」です。

 

 

ナウルホエ山とトンガリロ山の間の抜けていくコースで、エメラルド色の湖や、溶岩流跡、火口部などの火山地帯らしい幻想的な風景が楽しめます。

 

片道8時間。片道を歩いて帰りはシャトル等を利用します。一部急勾配なところもありコースとしてはハードですが、本格的な登山装備は必要なく、登山未経験でも体力に自信があれば歩くことができます。

 

事前にガイド付きのツアーを予約するか、送迎サービスを予約するとよいでしょう。情報はタウポやファかパパのインフォメーション・センターにて得られます。

 

タラナキフォールウォーク(1周:約2時間)

タラナキフォールウォーク」(タラナキ滝コース)はファカパパビレッジを拠点にタラナキ滝を目指して歩き、1周して戻る約2時間のコース。

 

景色は起伏に富んでいて、軽装で気軽に歩けるコースの中では最も人気があるコースとも言えます。

 

 

※下記ページにてコースの様子を写真付きで載せています。

→トンガリロ・タラナキ滝ウォーキングコースの紹介

 

 

その他の2時間以内のショートコース

ちょうどよい距離のショートコースは実はさほど多くなく、他には下記あたりが上げられます。

 

ファカパヌイウォーク(片道:約1時間)

ファカパパビレッジから歩ける片道コース。帰りは同じ道を戻る必要があり、往復だと2時間。

 

ほとんどが森の中を歩くブッシュウォークでトンガリロらしい広大な景色は少ない気もするが、平坦で歩きやすく森林浴にはよい。

 

 

シリカラビッズウォーク(往復:約2.5時間)

ファカパヌイウォークの途中から分離して、溶岩台地の方を見に行くコース。

 

 

リッジトラック(往復:約60分)

ファカパパビレッジから始まるコースで往復約60分。

 

最初は舗装された森林コースから始まるが、途中までしか整備されておらず、ゆるい登り坂が続き足場もあまりよくない。しかし頑張って登るとナウルホエやルアペルなどの山々もよく見えます。意外におすすめです。

 

道がなくなるポイントまで登って引き返すのもアリ。(その場合往復約30分)

 

 

 

ファカパパネイチャーウォーク(一周:約15分)

1周15分の簡単なコースで森林浴が楽しめます。お手軽で車いすでも歩けます。

 

 

ターファイフォールズ(往復20分)

滝が見れるショートコース。ファカパパビレッジ手前約5km程のところに入り口があり、車はコース入口に数台分の駐車スペースあり。滝も川も綺麗なので、時間がある方は寄るとよいと思います。

 

ファカパパビレッジから歩く場合は往復約2時間。

 

 

 

これらファカパパ周辺のトラックに関して、NZ環境省の発行しているPDFがあるので、URLを下記に載せておきます。(10ページ目あたりに出ています。)
http://www.doc.govt.nz/Documents/parks-and-recreation/tracks-and-walks/tongariro-taupo/walks-around-tnp.pdf#search=%27tongariro+walking%27

タラナキ滝コースを歩くロトルア発日本語ガイドツアーを行っています。タウポやフカ滝なども観光します。詳しくは下記を御覧ください。→トンガリロ国立公園タラナキ滝ハイキングツアー


このページの先頭へ戻る